スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトにて。

諸君はドジッ子という生物をご存知だろうか、私は今日この日まで現実世界で目にしたことがなかった。

というより意識が向かなかったといったほうがいいかもしれない、なぜならそのドジッ子とは私自身だったからだ!

え?

何をいってるのかこの変態クソ野郎?

うむ、君は胸を張っていい、ザッツライトなこと、この上ない。

だが聞いてくれ今日のバイトでの私を形容するのにこれほど的を得ている表現は無いのだ...



御盆をダブルハンドで持とうと試みれば、両方床にぶちまける。

醤油を小ビンに詰めようとすれば、作業台を醤油海に。

挙句、キャッシュの前に小銭整理ケース置いたままオープンして、店内に小金のハーモニーを轟かせる。

オーダーミスは4時間で2桁以上は逝っただろうか。

さあこれをドジッ子といわずに、なんと言おうか!?ヘイユー!?



そういうことなのだ。

私は驚いたよ。探し求めていたものがこんなに身近にあったなんてね。(注:探し求めていません)



ただ個人的に納得がいかないのが、ドジッ「娘」ではない件である。

そう、周知の通り、私は絶世の美少女はおろか、女性、いや生物学的にメスですらない。

ただの野郎である。おのこである。

もうこれはドジッ子どころか、ドジ夫がいいところなのだ。

そしてドジ夫の世界的需要は。低いとかというレベルじゃあない。明日、諸君のもとにメンマちゃんの脱ぎたておパンツが郵送されてくる確率くらいに皆無だ。もちろん着払い。

それに仮に受けたとしても、私は新宿二丁目受けなど狙っていない。

私だって、お尻の純血はまだ守りたいお年頃なのだ。童貞最高!ヴァージン最高!



さて。ご理解いただけたであろうか。

そういうわけで、私は緊急にこのドジを直さなければいけないのだ...

未来のマイワイフ、みもりんのためにも...!

目指せ、デキる男!クールビューティーイケメンマッチョハイレモン!

バイトやめたい!




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。